九州大学熱帯農学研究センター Hyakumura lab.

木材デューディリジェンスガイダンスおよびハンドブック

木材デューディリジェンス・ガイダンス

 

ガイダンス(本編)

九州大学熱帯農学研究センターと国際環境NGO・FoE Japanとの共同プロジェクト「森林減少ゼロに寄与するサプライチェーン管理と持続可能性に配慮した原料調達の促進」(第12期早稲田大学W-BRIDGEプロジェクト)は、「木材デューディリジェンス・ガイダンス」(第一版)を2019年12月5日に公表しました。

このガイダンスは2017年5月のクリーンウッド法の施行を受けて、企業が本法へ対応するにあたり、デューディリジェンス(以下、DD)をどのような基準に基づいて行ったらよいか、その参考になることを目的に、作成しました。特にDDにおいて最も重要なプロセスであるリスクアセスメントにおける「リスク」の考え方について詳しく解説し、企業がDDについて適切な理解をすることで、違法伐採木材、ひいては非持続可能な木材をサプライチェーン中から排除できるようなDDの実施を補助することを期待するものです。

なお、本ガイダンスの主たる対象は、木材・木材製品を最初に日本市場に持ち込む第一種木材関連事業者を想定しています。ただし、第一種木材関連事業者から木材・木材製品を購入する第二種木材関連事業者も、第一種木材関連事業者が実施するDDの内容を詳しく理解することや、最終消費者にも適切に情報が伝達・開示できることをめざす上で必要となる情報を適切かつ確実に入手することが望ましく、第二種の事業者の方々にも是非読んでいただきたい資料です。さらにはクリーンウッド法は木材を取り扱う全ての事業者に合法木材の取引を努力義務として課していることから、小売業者を含む全ての事業者を対象にして情報を盛り込んでいます。

■木材デューディリジェンス・ガイダンス 本編(第一版)

ガイダンス(本編)

本ガイダンスは、企業がデューディリジェンス(DD)について適切な理解をすることで、違法伐採木材、ひいては非持続可能な木材をサプライチェーンの中から排除できるようなDDの実施を補助することを目的として策定しました。特にDDを実施する企業がどのような基準に基づいてDDを行ったらよいのか、参考になると考えられる情報をまとめています。
ダウンロードはこちら(pdf: 24MB)

■木材デューディリジェンス・ガイダンス 実践編(第一版)

ガイダンス(実践編)

本ガイダンス実践編は、本編で説明したDDの基本概念に基づき、詳しい手順について紹介しています。
ダウンロードはこちら(pdf: 29MB)

木材デューディリジェンス・ハンドブック

ガイダンス(実践編)

九州大学熱帯農学研究センターと国際環境NGO・FoE Japanとの共同プロジェクト「クリーンウッド法の実効性向上に向けたフェアウッド調達の普及啓発」(第10期早稲田大学W-BRIDGEプロジェクト)は、「木材デューディリジェンス・ハンドブック」を2018年1月に公表しました。

木材を扱う業界を対象としたデューディリジェンス対策のためのハンドブックです。木材調達に関する「デューディリジェンス」について分かりやすく説明しています。デューディリジェンスにこれから取り組もうと考えておられる木材関連事業者様向けの資料としてご活用ください。
ダウンロードはこちら(pdf:14MB)

関連リンク先

過去(2020年6月1日開催)のウェビナー「持続可能な木材調達のためのサプライチェーン管理~リスクフリーな木材製品をエンドユーザーに届けるために~」の報告はこちらをご覧ください。

過去(2019年12月5日開催)のセミナー「ESG投資でどうなる世界の森林 ~お金の流れが変われば森林減少は止まるのか~」の報告はこちらをご覧ください。

過去(2019年5月22日開催)のセミナー「SDGs時代の木材サプライチェーンの新潮流 ~持続可能な製品市場に対応する木材デューディリジェンスとは?」の報告はこちらをご覧ください。

過去(2018年4月26日開催)のセミナー「ESG時代の責任ある木材調達と製品づくりとは? ~SDGsの達成に向けた木材デューディリジェンスを考える」の報告はこちらをご覧ください。

過去(2017年4月17日開催)のセミナー「世界の違法伐採問題と日本の木材消費:クリーンウッド法の効果的な実施に向けて」の報告です。詳細はこちらをご覧ください。