九州大学熱帯農学研究センター Hyakumura lab.

学生募集

学生の募集について

グローバルで起こっている地球環境の問題も、ローカルレベルの現場で何が起こっているのかを見てみないと分からないことがたくさんあります。それにはフィールドワークでその現場を自分の目で見て、聞いて、考えていく必要があります。学術研究や政策提言研究がいかに「崇高」であったとしても、現場が原点です。私の研究対象は森や農地など自然資源ですが、村で聞き取りをしていても、資源利用や課題点など、明らかにしたいことの全貌がなかなか見えてこないこともあります。しんどいことも多いけど、新しい発見があり、「わかった!」という瞬間があるから、やはり楽しいものです。皆さんにもぜひ、こういったフィールドワークを経験をしてもらいたいと思っています。

修士課程・博士課程の大学院生は、大学院地球社会統合科学府にて募集しています。学外から受験を希望される方や遠隔地にお住まいの社会人の方も、お気軽にメール にてお問い合わせください。青年海外協力隊OB/OGやJICA専門家経験者の方も受け入れが可能な場合があります。受験に関する情報はこちらをご覧ください。

学部生については、共創学部からの受け入れを予定しています。

指導可能な研究テーマ

自然資源管理、気候変動と森林、環境政策(自然資源に関するもの)、国立公園、生業変化、土地利用変化、村落開発、コミュニティレベルの自然資源管理、違法伐採、エコラベリング(森林認証・フェアトレードなど)、里山管理、生物多様性保全、開発と貧困など.

指導可能な研究対象地域

熱帯アジア(主としてラオス、カンボジア、タイ、ミャンマー、ベトナム、バングラディシュ)、中国、日本

研究テーマ及び研究対象地域については、私か研究室のメンバーがこれまでかかわったもの(現在もかかわっているものもあり)になります。これら以外のテーマでも受け入れが可能は場合がありますので、応相談となります。これまでの研究室のメンバーの研究テーマ等の情報は、こちらと下記の地図をご覧ください。

大学・大学院生・研究員の調査フィールド

大学・大学院生・研究員の調査風景

カラーペーパを使って村人の資源利用を聞き取る(カンボジア・コンポントム州のコミュニティ林業サイト)

風景名勝区のトレッキングコースの参与観察(中国・四川省)

有機農産物定期市での聞き取り(ラオス・ヴィエンチャン)

国立公園内に居住する村人とのグループディスカッション(バングラティシュ・ミメンシング県)

農場でのゴム造林(中国・雲南省)

コミュニティ林業サイトでの村人からの聞き取り(ミャンマー・シャン州)

自然保護区と村とを分ける境界標を確認する(中国・海南省)