九州大学熱帯農学研究センター Hyakumura lab.

業績

原著論文(査読有)

  1. 相楽美穂、百村帝彦、横田康裕(印刷中)途上国の森林セクターにおける裁判外紛争解決制度に求められる要件、『林業経済研究』、63(3)、2017年4月27日受理
  2. Takahiro Fujiwara, San Afri Awang, Wahyu Tri Widayanti, Ratih Madya Septiana, Kimihiko Hyakumura, Noriko Sato (2017) Socioeconomic Conditions Affecting Smallholder Timber Management in Gunungkidul District, Yogyakarta Special Region, Indonesia, Small Scale Forestry, Online first.
  3. Boutthavong Saykham, Hyakumura Kimihiko, Ehara Makoto (2017) Stakeholder Participation in REDD+ Readiness Activities for Three Collaborative Projects in Lao PDR, Forests, 8(5),150. doi:10.3390/f8050150
  4. Seiji IWANAGA, Yasuhiro YOKOTA, Kimihiko HYAKUMURA (2017) Social Safeguards in National and Sub-national REDD+ Initiatives: A comparison based on literature review, Japan Agricultural Research Quarterly 51(1) , 31- 43
  5. Boutthavong Saykham, Hyakumura Kimihiko (2016) Local Community Participation in Forest Biomass Monitoring: A Case Study from the Action Research Project in Lao PDR, Bulletin of Institute of Tropical Agriculture, Kyushu University 39.1-12.
  6. 袁テイテイ・百村帝彦 (2016) 集団所有林における異なる森林政策による農家への影響と課題―中国・湖南省隆回県雨山鎮における事例研究―、『林業経済研究』、62(3)、59-67.
  7. Fujisaki Taiji, Hyakumura Kimihiko, Scheyvens Henry; Cadman Tim (2016). Does REDD+ Ensure Sectoral Coordination and Stakeholder Participation? A Comparative Analysis of REDD+ National Governance Structures in Countries of Asia-Pacific Region. Forests 7(9): 195
  8. K.K. Islam, Masakazu Tani, Kazuo Asahiro, M. Zulfikar Rahman, Kimihiko Hyakumura, Takahiro Fujiwara, Noriko Sato (2016) Analysis of Power Dynamics and Livelihood Assets in Participatory Forest Management: Experience from Bangladesh,International Journal of Natural Resource Ecology and Management 1(3), 88-98.
  9. Saykham Boutthavong, Kimihiko Hyakumura, Makoto Ehara, Takahiro Fujiwara (2016). Historical Changes of Land Tenure and Land Use Rights in a Local Community: A Case Study in Lao PDR Land ,5(2),11,1-20.
  10. Makoto Ehara, Kimihiko Hyakumura, Hisako Nomura, Toshiya Matsuura,Heng Sokh, Chivin Leng (2016) Identifying characteristics of households affected by deforestation in their fuelwood and non-timber forest product collections: Case study in Kampong Thom Province, Cambodia,Land Use Policy, 52, 92-102
  11. T. Fujiwara, S.A. Awang, W.T.Widayanti, R.M. Septiana, K. Hyakumura and N. Sato,(2015) Effects of national community-based forest certification on forest management and timber marketing: a case study of Gunung Kidul, Yogyakarta, Indonesia, International Forestry Review, 17(4) 448-460.
  12. 江原誠・百村帝彦・野村久子・松浦俊也(2015) 森林減少・劣化の影響を受けやすい住民の特徴の6村間比較―カンボジアでの 薪炭材・非木材林産物採取の事例―、『林業経済研究』61(3)、24-34
  13. K. K. Islam, S. Jose, Masakazu Tani,Kimihiko Hyakumura,Max Krott,Noriko Sato (2015) Does actor power impede outcomes in participatory agroforestry approach? Evidence from Sal forests area, Bangladesh Agroforestry Systems, 89(5), 885-899
  14. K.K. Islam, Takahiro Fujiwara, Kimihiko Hyakumura, Masakazu Tani and Noriko Sato (2015) Analyzing domestic agroforestry markets and necessities of cooperatives for agroforestry products in Bangladesh. Asian Academic Research Journal of Multidisciplinary, 1(32): 151-170.
  15. 袁テイテイ・百村帝彦 (2015) 「中国の集団所有林権制度改革の課題間関係の検討」、『九州森林研究』68、7-10頁
  16. 劉君・百村帝彦 (2015)「中国の自然保護区における管理制度の現状と課題 -江蘇省・宜興龍池山自然保護区および大豊シフゾウ自然保護区における事例研究-」、『九州森林研究』68、11-14.
  17. K. K. Islam, Kimihiko HYAKUMURA, Masakazu TANI, M ax Krott, Noriko SATO (2014) Actors’ Power, Livelihood Assets and Participatory Forestry in Bangladesh: Evidence from the Sal Forests Area,Open Journal of Forestry, 4(5B),1-9.
  18. EHARA Makoto, HYAKUMURA Kimihiko, YOKOTA Yasuhiro (2014) REDD+ initiatives for safeguarding biodiversity and ecosystem services: harmonizing sets of standards for national application, Journal of Forest Research, 19(5), 427-436
  19. 相楽美穂・百村帝彦・スケーブンス ヘンリー・ イバラ ジェネ エンリケ (2013) 「REDD+におけるディスプレイスメントと地域コミュニティの関与-先行する実証活動の比較分析-」、『林業経済』66(2)、1-18頁
  20. 百村帝彦 (2013)「地域住民による土地・森林利用の実態とその変遷 -ラオス・サワンナケート県の丘陵地の村落の事例-」、『地域研究』13(1)、151-166頁
  21. Takahiro FUJIWARA, Ratih Madya SEPTIANA, San Afri AWANG, Wahyu Tri WIDAYANTI, Himmah BARIATUL, Kimihiko HYAKUMURA, Noriko SATO (2012) ”Changes in local social economy and forest management through the introduction of collaborative forest management (PHBM) and the challenges it poses on equitable partnership: A case study of KPH Pemalang, Central Java, Indonesia”、TROPICS 20(4)、115-134
  22. 馬虹蘊・百村帝彦・佐藤宣子 (2012)「中国の天然ゴム輸入拡大の背景と海外植林投資の実態-ラオスへのゴム植林投資を事例として-」、『九州森林研究』65、1-4頁
  23. Kazi Kamrul ISLAM, Kimihiko HYAKUMURA, Takahiro FUJIWARA, Noriko SATO (2011) ”Confronting people-oriented forest management realities in Bangladesh: An analysis of actors’ perspective”, International Journal of Social Forestry 4(2)、135-161
  24. HYAKUMURA Kimihiko (2010) ‘Slippage’ in the Implementation of Forest Policy by Local Officials: A Case Study of a Protected Area management in Lao PDR”、Small- Scale Forestry 9(3)349-367
  25. 横田康裕・マニボン カンパイ・フォンゴウドメ チャンサモン・百村帝彦・井上真 (2010)「ラオスにおける森林減少・劣化要因」、『関東森林研究』61、5-8頁
  26. 百村帝彦・関良基・ロペス=カセーロ フェデリッコ (2010)「アジアの発展途上国における造林事業の比較研究 -地域住民の権利関係の観点より-」、『林業経済』62(11)、1-20頁
  27. 百村帝彦 (2009) 「カンボジアにおけるREDDパイロットプロジェクトにおけるコ・ベネフィットの実効性の検討」、『環境情報科学論文集』23、499-504頁
  28. HYAKUMURA Kimihiko, INOUE Makoto (2006) ”The Significance of Social Capital in Local Forest Management in Laos: Overcoming Latent Conflict between Local People and Local Forestry Officials”、International Journal of Sustainable Development and World Ecology 13(1)、16-24
  29. MARTINUS Nanang, HYAKUMURA Kimihiko, HARADA Kazuhiko, INOUE Makoto (2006) ”Patterns of Behavior in Local Forest management: Case Studies from Indonesia and Laos”、Socio-Humanities 1 (1)、55-65
  30. 百村帝彦 (2005)「ラオスの土地森林分配事業における地域住民の対応 -サワンナケート県の丘陵地域における事例-」、『林業経済研究』51(1)、79-88頁
  31. 百村帝彦 (2000)「ラオスにおける保護地域管理政策の課題 -地域における実態を反映した実効性ある政策に向けて-」、『林業経済』54(12)、22-33頁
  32. 武田明正・百村帝彦 (1991)「三重大学演習林に生育するモミ、ツガなどの年輪幅の経年変化にみられる周期性」、『第39回日本林学会中部支部大会論文集』、51-52頁
  33. 武田明正・百村帝彦 (1991)「温帯常緑針葉樹林の林冠構成木の年輪幅変動にみられる周期性」、『三重大学生物資源学部紀要』6、7-11頁

PAGE TOP >>

著書(分担執筆)

  1. 百村帝彦(2017)「森林保全のための国際メカニズム -REDDプラスによる新たな動き-」、『東南アジア地域研究入門 環境』、慶応義塾大学出版会、pp.255-270
  2. HYAKUMURA Kimihiko (2015) "Laos: Local Communities and Involvement of External Stakeholders", Multi-level Forest Governance in Asia: Concepts, Challenges and the Way Forward, SAGE Publication, 307-334.
  3. HYAKUMURA Kimihiko (2015) "Forest Resources and Actor Relationships: A Study of Changes Caused by Plantations in Lao PDR", Collaborative Governance of Forests: Towards Sustainable Forest Resource Utilization, UNIVERSITY OF TOKYO PRESS,199-221.
  4. 百村帝彦 (2013)「砂漠化」、『異文化コミュニケーション事典』 、石井敏・久米昭元 (編) 、春風社、565-566頁
  5. HYAKUMURA Kimihiko, SCHEYVENS Henry (2012) “Financing REDD-plus: A Review of Options and Challenges", The Economics of Biodiversity and Ecosystem Services, Managi S. ed.、Routledge、pp.148-163
  6. DINH Thanh Sang, HYAKUMURA Kimihiko, OGATA Kazuo (2012) ”Livelihoods and Local Ecological Knowledge in Cat Tien Biosphere Reserve, Vietnam: Opportunities and Challenges for Biodiversity Conservation ”, The Biosphere, Natarajan Ishwaran ed. Intech Publisher、pp.261-284
  7. 百村帝彦 (2011) 「REDDプラスの資金メカニズム」、『生物多様性の経済学 -経済評価と制度分析-』、馬奈木俊介・地球環境戦略研究機関編、昭和堂、157-171頁
  8. 百村帝彦 (2010)「REDD実施が村落に果たす役割と課題:カンボジアの事例より」、『グローバル環境時代の森林保全制度(市川昌広・生方史数・内藤大輔編)』、人文書院、206-211頁
  9. 百村帝彦 (2009)「生物多様性と温暖化 -森林保全策としての森林認証とREDD」、『生物多様性・生態系と経済の基礎知識 -わかりやすい生物多様性に関わる経済・ビジネスの新しい動き(林希一郎編)』、中央法規出版、245-268頁
  10. 河野泰之・加藤真・百村帝彦 (2008)「東南アジア大陸部の雨緑樹林と農の生態」、『論集モンスーンアジアの生態史 第1巻 生業の生態史(河野泰之責任編集)』、弘文堂、9-27頁
  11. 百村帝彦 (2008) 「植林事業による森の変容」、『ラオス農山村地域研究(横山智・落合雪野編)』、めこん、233-265頁
  12. 百村帝彦 (2006) 「アクションリサーチを通して共同研究者を育てる」、『躍動するフィールド研究』、世界思想社、162-177頁
  13. スケーブンス ヘンリー・原田一宏・百村帝彦・関良基 (2006)「アジアの持続可能な森林管理 -傾向と今後の方向性-」、『持続可能なアジア:2005年以降の展望 -革新的政策を目指して』、技報堂出版、103-141頁
  14. HYAKUMURA Kimihiko, KOTPHATHOUM Thananh (2003) ”The Local Forest Management of National Bio-diversity Conservation Areas in Laos”、People and Forest - Policy and Local Reality in Southeast Asia, Fareast Russia, and Japan(Inoue M. and H. Isozaki eds.)、Kluwer Academic Publishers、pp.261-274
  15. 百村帝彦 (2003)「保護地域における森林管理―ラオス南部・サワンナケート県の事例」、『アジアにおける森林の消失と保全(井上真編)』、中央法規出版、219-236頁

PAGE TOP >>

国際会議プロシーディングス

  1. SCHEYVENS Henry, HARADA Kazuhiro, HYAKUMURA Kimihiko (2008) ”Incorporating Certification into a Pro-poor Forestry Agenda: Lessons from and Options for the Asia–Pacific Region” 、Proceeding on International Conference on Poverty Reduction and Forests: Tenure, Market, and Policy ReformsRegional Community Forestry Training Center for Asia and the Pacific (RECOFTC)、Bangkok: 23 pp.
  2. HYAKUMURA Kimihiko (2005) , ”The “slippage” implementation of forest policies by local officials: A Case Study of the Protected Areas of Savannakhet Province in Lao P.D.R Proceedings of First International Conference on Lao Studies, Northern Illinoi University, USA:14pp.
  3. MARTINUS Nanang, HYAKUMURA Kimihiko, HARADA Kazuhiro, INOUE Makoto (2004) ”Participation on the Ground: Some Case Studies on the Forest Policy Implementation in Indonesia and Laos”, Proceedings of the International Workshop of BIO-REFOR, Yogyakarta, Indonesia December 15-18,2003, Yogyakarta, Indonesia: pp.27-35
  4. INOUE Makoto, CHANTHIRATH Khampha, HYAKUMURA Kimihiko, IOKI Atsushi, NAMURA Takayuki (1998) ”Toward Institutionalization of Various Participatory Forest Management Systems in Lao P.D.R”、Proceedings of IUFRO Inter-Divisional Seoul Conference、Seoul, Korea: pp.402-409

PAGE TOP >>

研究報告書等

  1. 藤崎泰治・百村帝彦 (2016) REDD+国際交渉とパリ協定におけるその位置づけ、『日本熱帯生態学会ニューズレター』、102、3-7頁
  2. 横田康裕・百村帝彦 (2015) REDD+制度における苦情処理メカニズム-カンボジアにおける事例-、『森林総合研究所九州支所年報』27、24-25頁
  3. 百村帝彦(2015)「シンポジウム:熱帯農業研究と社会実装 ~研究成果は現地社会にいかに適応されたのか~」、『熱帯農業研究』8(1)、7-8頁
  4. Saykham Bouttavong, Douanghta Boaphavong, Kimihiko HYAKUMURA (2014) “Community Carbon Accounting Action Research in Lao PDRCommunity based forest biomass monitoring: A manual for training local level facilitators, Institute for Global Environmental Strategies,pp.83-96
  5. 荒木誠、平田泰雅、横田康裕、塚田直子、鳥山淳平、宮本基杖、佐藤保、松本光朗鷹尾元、百村帝彦(2013)熱帯林の保全をめざして -REDDプラスのための技術解説書の刊行と クレジット化のためのガイドラインの提案-、森林総合研究所研究成果選集 2013、36-37頁.
  6. 百村帝彦 (2013) 「REDDプラスにおける社会・環境セーフガード」、『REDDのすすめ:REDDプラスに関する提言書』、日本気候政策センタ-、全5頁
  7. 横田康裕・江原誠・百村帝彦 (2013) 「セーフガード」、『REDDプラスCOOKBOOK』、森林総合研究所REDD 研究開発センター、38-41頁
  8. YOKOTA Yasuhiro, EHARA Makoto, HYAKUMURA Kimihiko (2012)  ”Safeguards”、REDD-plus Cookbook、 REDD Research and Development Center、Forestry and Forest Products Research Institute, Japan、pp.38-41
  9. 横田康裕・百村帝彦・江原誠 (2012) 「REDDプラス制度における環境社会セーフガード」、『森林総合研究所九州支所年報』24、32-33頁
  10. 横田康裕・江原誠・百村帝彦 (2012) 「REDDプラスにおいて環境社会セーフガードを促進させるための取組 -国際機関やNGO等の主導による原則・基準・指標がガイドライン等の策定の試み-」、『海外の森林と林業』Vol.85、51-55頁
  11. 百村帝彦 (2012) 「REDD+の資金メカニズム」、『平成23年度 環境経済の政策研究 経済的価値の内部化による生態系サービスの持続的利用を目指した政策オプションの研究 最終研究報告書』、地球環境戦略研究機関、京都大学、長崎大学、名古屋大学、165-176頁
  12. 百村帝彦・スケーブンス ヘンリー・イバラ ジェネ エンリケ・相楽美穂 (2012) 「住民参加による炭素計測手法の開発の試み ─有効で公正なREDD プラスを目指して─」、『海外の森林と林業』Vol. 83、19-23頁
  13. 百村帝彦 (2011)「多様な価値を持つ熱帯の自然資源をいかに管理していくべきか」、『CROSSOVER』31、6頁
  14. 百村帝彦 (2011)「REDDプラスの資金調達方式と段階的実施」、『平成22年度 日本郵便 カーボンオフセット年賀寄附金配分地球温暖化防止活動事業助成プログラム報告書 -途上国に対する先進国の森林保全・植林支援事業を温室効果ガス削減の観点から評価し炭素排出量(吸収量)を先進国に配分する制度設計研究事業-』、日本気候政策センター、全11頁
  15. スケーブンス ヘンリー・ロペス=カセーロ フェデリッコ・イバラ=ジェネ エンリケ・百村帝彦 (2010)「熱帯林の保全:持続可能な消費と生産に向けた熱帯林産物取引の改革」、『アジア太平洋における持続可能な消費と生産』、地球環境戦略研究機関、161-185頁
  16. SCHEYVENS Henry, LOPEZ-CASERO Federico, IBARRA GENE Enrique, HYAKUMURA Kimihiko (2010) ”Conserving Tropical Forests: Reforming the tropical forest products trade towards sustainable consumption and production”、Sustainable Consumption and Production in the Asia-Pacific Region: Effective responses in a resource constrained worldInstitute for Global Environmental Strategies、pp.171-196
  17. 百村帝彦・横田康裕 (2010) 「REDDプラスの制度・政策」、『森林科学』60、19-23頁
  18. 百村帝彦 (2010) 「ラオスにおける「第3の植林の波」:植林事業による地域住民への影響」、『フォーラム メコン』11(1)、18-21頁
  19. 百村帝彦 (2010) 「森林減少・劣化抑止による地球温暖化への取り組み -REDD+の動向-」、『月刊ビジネスアイ エネコ』43(10)、68-69頁
  20. 百村帝彦 (2009) 「ふたつの国際条約 -万博記念公園の地球規模の環境問題への貢献」、『「森」発見』、No.16、6-7頁
  21. HYAKUMURA Kimihiko, LOPEZ-CASERO Federico (2009) ”Media Review of Japanese news paper articles on illegal logging”Submitted to Chatham House, U.K.、7pp. (英国王立国際問題研究所からの委託調査報告書)
  22. 武内和彦・百村帝彦 (2009) 「潜在力を活かした自然再生を」、『「森」発見』、No.15、6-13頁
  23. 百村帝彦 (2009) 「万博記念公園の森による地球温暖化とヒートアイランド現象の緩和効果」、『「森」発見』、No.14、6-7頁
  24. 百村帝彦 (2009) 「万博記念公園の井戸水等を循環した循環式水系」、『「森」発見』、No.13、6-7頁
  25. 百村帝彦 (2009) 「平日の革命記念日」、『サステナ』、No.10、サステイナビリティ学連携研究機構、98-99頁
  26. 百村帝彦 (2009) 「REDDを巡るパイロットプロジェクトの動き」、『2008年アジアの環境重大ニュース』、地球環境戦略研究機関、3頁
  27. 百村帝彦 (2008) 「市民との協働による森林管理 -緑の循環システム②-」、『「森」発見』、No.12、6-7頁
  28. 百村帝彦 (2008) 「植物ゼロエミッションを目指して -緑の循環システム①-」、『「森」発見』、No.11、6-7頁
  29. 百村帝彦 (2008) 「REDD導入による村落共同体への影響」、『グローバルネット』、No.211、31-33頁
  30. 百村帝彦 (2008) 「再生可能エネルギーの活用」、『「森」発見』、No.10、6-7頁
  31. 百村帝彦 (2008) 「いま、地球が抱えている環境問題」、『「森」発見』、No.9、6-7頁
  32. 百村帝彦 (2007) 「第4章タイ」、「第5章ベトナム」、「第6章ラオス」、『合法性・持続可能性証明木材供給事例調査事業:主要木材輸出国森林伐採関連法制度』、違法伐採総合対策推進協議会、35-65頁
  33. 百村帝彦・関良基・ロペス=カセーロ フェデリッコ (2007)「アジアの農村地帯に適した造林活動計画:土地紛争回避が成功の鍵」、『IGES ポリシブリーフ』6、全8頁
  34. HYAKUMURA Kimihiko, SEKI Yoshiki, LOPEZ-CASERO Federico (2007) ”Designing Forestation Models Suited to Rural Asia: Avoiding Land Conflict as a Key to Success”、IGES Policy Brief 6、Institute for Global Environmental Strategies、8 pp.
  35. SCHEYVENS Henry, HYAKUMURA Kimihiko, SEKI Yoshiki (2006)編集、Decentralisation and State-Sponsored Community Forestry in Asia、(分担執筆箇所) Forest Governance in a state of transition - Overview of transition, analytical framework, summaries of country studies and synthesis、Worldwide Print Support, Kathmandu, Nepal、pp.1-31
  36. SCHEYVENS Henry, HARADA Kazuhiro, HYAKUMURA Kimihiko, SEKI Yoshiki (2006) ”Sustainable forest management in Asia: Trends and prospects”、Sustainable Asia 2005 and Beyond: In the pursuit of innovative policiesInstitute for Global Environmental Strategies、pp.32-53
  37. 百村帝彦 (2006) 「地方行政による土地森林分配事業への"目こぼし"運用 ラオスにおける保護地域での事例研究」、『アジア・モンスーン地域における地域生態史の統合的研究:1945-2005 2005年度プロジェクト報告書』、総合地球環境学研究所、139-141頁
  38. 百村帝彦 (2005) 「地方行政による森林政策実施の影響」、『アジア・モンスーン地域における地域生態史の統合的研究:1945-2005 2004年度プロジェクト報告書』、総合地球環境学研究所、138-139頁
  39. HYAKUMURA Kimihiko, MORIMOTO Takashi, ISHIKAWA Miyuki, Thananh KOTPHATHOUM, Boonthavy DOUANGPHOSY, Kaisone PENGSOPHA, Somsy GNOPHANXAY, Khamvieng XAYABOUTH, Kheungkham KEONUCHAN, MATSUMOTO Satoru, INOUE Makoto (2004) ”Guidelines for Lao P.D.R”、Guidelines and Recommendations for Participatory, Sustainable forest Use and Management、Institute for Global Environmental Strategies、pp.27-60
  40. HYAKUMURA Kimihiko, KOTPHATHOUM Thananh (2004) ”Impacts of Forest-related Policies on Local People in the Phou Xang He Protected Area, Savannakhet Province, Laos”、Towards Participatory Forest Management in Laos -Laos Country Report 2003-Institute for Global Environmental Strategies、pp.28-43
  41. 百村帝彦 (2004) 「ラオスにおける地域住民による森林管理の可能性」、『アジア・モンスーン地域における地域生態史の統合的研究:1945-2005 2003年度プロジェクト報告書』、総合地球環境学研究所、114-120頁
  42. 百村帝彦 (2003) 「ラオスにおける土地森林利用」、『日本熱帯生態学会ニューズレター』、No.52、7-9頁
  43. 百村帝彦 (2003) "Land and Forest Allocation Policy in national biodiversity conservation areas in Laos"、科学研究費補助金『参加型森林管理のポリティカルエコロジー』:基盤研究(B)(2)研究成果報告書、73-85頁
  44. 百村帝彦 (2002) 「ラオス南部での森の利用:救荒植物と森にまつわる禁忌」、『森林科学』、No.36、76-78頁
  45. 百村帝彦 (2001) Book Review: Koji Tanaka (ed.), Connect With nature、(『自然と結ぶ――「農」にみる多様性』(田中耕司編)昭和堂)、International Review for Environmental Strategies、2(1)、pp.181-182
  46. HYAKUMURA Kimihiko (2001) IGES Policy Dialogues toward Sustainable Forest Management in Asia-Pacific Region、Institute for Global Environmental Strategies, Japan、86 pp.
  47. 百村帝彦 (2000) 「多様なアプローチ ―湘南国際村だより⑳-」、『神奈川新聞』2000年2月9日付
  48. HYAKUMURA Kimihiko (2000) ”External Constrains on Participation of Local People in Lao P.D.R”、Proceedings of 3rd IGES International Workshop on Forest Conservation Strategies for the Asia and Pacific Regions、pp.123-130
  49. INOUE Makoto, CHANTHIRATH Khampha, HYAKUMURA Kimihiko, NAMURA Takayuki (1999) ”Appraisal of Land Use Classification Policy for Promoting Participatory Forest Management in Lao P.D.R”、Proceedings of 2nd IGES Forest Conservation Project for the Asia and Pacific Regions、pp.9-15
  50. INOUE Makoto, HYAKUMURA Kimihiko (1999) ”Forest Policy of Laos in terms of Local Participation”、Forest Policy of Laos in terms of Local Participation -A Step toward Forest Conservation Strategy (1)-Institute of Global Environmental Strategies、pp.300-308
  51. HYAKUMURA Kimihiko (1999) ”Comments -Environmental Governance in Thailand”、Environmental Governance in Four Asian Countries、Institute for Global Environmental Strategies 、pp.135-138
  52. 百村帝彦 (1999) 「海外調査報告(1)ラオスの事例紹介」、『途上国支援のための技術支援・移転方策検討会報告書 -平成10年度環境省委託調査報告』、地球環境戦略研究機関、100-108頁
  53. 榎康村・百村帝彦 (1998) 「平成10年度土地利用変化および森林に関するSBSTAワークショップ支援調査報告書」、『環境庁請負業務報告書』、地球環境戦略研究機関、全46頁
  54. 百村帝彦 (1998) 「地域住民と森林利用 ~ラオスから~」、『林野時報』、6月号、40-43頁
  55. 百村帝彦 (1990) 新刊紹介「木材の持続的生産のための湿潤熱帯林の経営:その問題点」、『熱帯林業』、No.19、49頁

PAGE TOP >>

学会発表等

  1. 田川一希、細谷忠嗣、鈴木大、吉澤聡史、百村帝彦、錢琨、Bounthob Praxaysombath「ラオスの食料市場で売られている食用昆虫の実態」、小集会「昆虫利用の新たな可能性~食料・環境問題の解決に向けた昆虫の役割~」、日本昆虫学会第77回大会 (愛媛大学)、2017年9月3日
  2. 小林知、矢倉研二郎、本間香貴、堀美菜、百村帝彦、星川圭介、河野泰之、Kim Soben、Hor Sanara 「カンボジア・トンレサープ湖南岸地域の農業生態環境と盛業の変容」、第27回日本熱帯生態学会年次大会(奄美文化センター)、2017年6月17日
  3. Makoto Ehara・Kimihiko Hyakumura・Hisako Nomura・Toshiya Matsuura・Heng Sokh・Chivin Leng, Identifying households taking maladaptive coping strategies:Case study of deforestation in Cambodia、第128回日本森林学会大会(鹿児島大学)、2017年3月28日
  4. 呉書通、百村帝彦 「中国・海南島の五指山自然保護区における保護と開発 -地域住民との関係から-」、第72回九州森林学会大会(クローバープラザ)、2016年11月5日.
  5. 加賀初音、百村帝彦「熱帯アジアのコミュニティーフォレストの制度の比較分析」、第72回九州森林学会大会(クローバープラザ)、2016年11月5日.
  6. Vatthanatham Southida、百村帝彦、Boutthavong Saykham, Trend of Policy and Legal Framework on NTFPs Development in Laos、第72回九州森林学会大会(クローバープラザ)、2016年11月5日.
  7. 百村帝彦「日本における違法伐採対策とその動向」、日本熱帯農業学会第120回講演会(鹿児島大学)、2016年10月9日
  8. KHOUNTHIKOUMMANE Somsanouk、HYAKUMURA Kimihiko, OGATA Kazuo, Organic Vegetable in Vientiane Capital, Lao PDR: Behaviors of Consumers and Producers, The 3rd JASID Western Japan Research Meeting, (九州大学), 2016年8月29日
  9. KHOUNTHIKOUMMANE Somsanouk、HYAKUMURA Kimihiko, OGATA Kazuo, Consumers behavior of organic vegetable in Vientiane Capital, Lao PDR, The 26thd Annual Meeting of the Japan Society of Tropical Ecology (筑波大学)、2016年6月18日
  10. 百村帝彦、KHOUNTHIKOUMMANE Somsanouk、緒方一夫「ラオス・ビエンチャン特別市における有機野菜生産者の動向」、第26回日本熱帯生態学会年次大会(筑波大学)、2016年6月18日
  11. Ehara, Makoto and Hyakumura Kimihiko, Reviewing the characteristics of people vulnerable to changes in ecosystem service provisions by tropical deforestation, 第127回日本森林学会大会(日本大学)、2015年3月29日
  12. 百村帝彦「生物多様性と地域住民 -2つの保護林:ラオスにおける事例-」、第63回日本生態学会大会(仙台国際センター)、2016年3 月22日
  13. 劉君、百村帝彦「中国の自然保護区管理における森林管理制度の現状と課題 -江蘇省における3つの自然保護区の事例調査-」、林業経済学会2015年秋季大会(和歌山大学)、2015年11月15日
  14. 本間香貴、矢倉研二郎、堀美菜、小林知、河野泰之、百村帝彦、星川圭介、Kim Soben、Hor Sanara「ポーサット研究<学際的フィールドワークによる生計持続性に関する研究>における稲生産性調査 -第3回ワークショップにおける活動内容報告- 」、システム農学会2015年度秋季大会(東北大学雨宮キャンパス)、2015年10月18日
  15. 袁テイテイ、百村帝彦「中国における集団所有林権制度改革の現状と課題-湖南省隆回県雨山鎮における事例より-」、第71回九州森林学会大会(ホルトホール大分)、 2015年10月6日.
  16. HYAKUMURA Kimihiko, The Opportunities and Challenges of REDD+ Demonstration Activities in Cambodia: From the Viewpoints of Social Safeguard, International Workshop on Evaluating Market-Driven Natural Resource Management in the Tropics – Case studies of Forest Certification Schemes, REDD+, and PES in Southeast Asia (総合地球環境学研究所)、2015年6月22日
  17. HYAKUMURA Kimihiko, The Opportunities and Challenges of REDD+ Demonstration Activities in Cambodia: From the Viewpoints of Social Safeguard, International Workshop on Evaluating Market-Driven Natural Resource Management in the Tropics – Case studies of Forest Certification Schemes, REDD+, and PES in Southeast Asia (総合地球環境学研究所)、2015年6月22日
  18. 百村帝彦、横田康裕「カンボジア・セイマ保護林における地域住民の選択戦略 -集団土地所有権と個人所有権の狭間で-」、第25回日本熱帯生態学会年次大会(京都大学)、2015年6月20日
  19. Boutthavong Saykham, Hyakumura Kimihiko, Ehara Makoto, Fujiwara Takahiro Historical change of land tenure and rights of the local community A case study from Sangthong District, Vientiane, Lao PDR The 25thd Annual Meeting of the Japan Society of Tropical Ecology (京都大学)、2015年6月20日
  20. IWANAGA Seiji, YOKOTA Yasuhiro, HYAKUMURA Kimihiko "Study on the issue for development of social safeguards in REDD+initiatives"、第126回日本森林学会大会(北海道大学)、2015年3月28日
  21. 江原誠、百村帝彦、野村 久子、松浦俊也、Sokh Heng、Leng Chivin 「薪炭材と非木材林産物を採取する住民への熱帯林減少の影響分析:カンボジア・コンポントム州の事例」、第126回日本森林学会大会(北海道大学)、2015年3月27日
  22. HYAKUMURA Kimihiko ,IWANAGA Seiji, YOKOTA yasuhiro "For enhancing social safeguards effectively in REDD-plusA comparison of three major REDD+ safeguard initiatives through existing literatures", International Workshop on REDD+ and Sustainable Land use Management in Myanmar (Naypiydaw, Myanmar) 2014年12月17日.
  23. 劉君、百村帝彦「中国の自然保護区における管理制度の現状と課題:江蘇省・宜興龍池山自然保護区および大豊シフゾウ自然保護区における事例研究」、第70回九州森林 学会大会(佐賀大学)、2014年10月25日.
  24. 袁テイテイ、百村帝彦「中国の集団所有林制度改革の現状と問題」、第70回九州森林学会大会(佐賀大学)、2014年10月25日.
  25. Thant Sin Kyaw、百村帝彦、緒方 一夫「コミュニティ林業における制度・運用のギャップとアクターの対応 ミャンマー・タウンジー県における事例」,日本熱帯農業学会第116回講演会(九州大学)、2014年10月5日.
  26. 江原誠、百村帝彦、野村 久子、松浦俊也「森林減少の影響への地域住民の認識の違いをもたらす要因の解明:カンボジアの森林減少とその非木材林産物採取への影響の事例研究」、日本 熱帯農業学会第116回講演会(九州大学)、2014年10月4日.
  27. 江原誠、百村帝彦、野村 久子、松浦俊也「森林減少の影響への地域住民の認識の違いをもたらす要因の解明:カンボジアの森林減少とその薪炭材への影響の事例研究」、2014年度環 境アセスメント学会第13回大会(千葉大学)、2014年9月20日.
  28. 藤崎泰治、百村帝彦、スケーブンス ヘンリー「アジア太平洋地域におけるREDD+ガバナンス体制の検証 -多様なアクターの参加と分野横断的アプローチの可能性-」、第24回日本熱帯生 態学会年次大会(宇都宮大学)、2014年6月14日
  29. 百村帝彦「熱帯諸国におけるREDDプラスの実施と地域住民の権利 -臨床環境学の観点より-」、第125回日本森林学会大会 (大宮ソニックシティ)、2014年3月29日
  30. HYAKUMURA Kimihiko ”Social Safeguard on REDD-plus Demonstration activities in Cambodia” Asia Forest Workshop 2013 in Cambodia (Phnom Penh Hotel, Cambodia)、2013年12月3日
  31. HYAKUMURA Kimihiko “Land and Forest Use by Local Communities and the Involvement of External Stakeholders - Case Study of Protected Area in Laos” The 1st Asia Parks Congress (仙台国際センター)、2013年11月15日
  32. Takahiro FUJIWARA, San Afri Awang, Wahyu Tri Widayanti, Bariatul Himmah, Ratih Madya Septiana, Kimihiko HYAKUMURA, Noriko SATO “Impacts of Community-based Forest Certification on Small-scale Teak Forestry -Case Study in Gunung Kidul, Yogyakarta, Indonesia” IUFRO 2013 Joint Conference of 3.08 & 6.08  (Kyushu University) 、2013年9月11日
  33. THANT Sin Kyaw, HYAKUMURA Kimihiko, OGATA Kazuo、”Exploring the Challenges in Community Forestry Development in Myanmar; A Literature Review”、The 23rd Annual Meeting of the Japan Society of Tropical Ecology (九州大学)、2013年6月
  34. BOUTTTAVONG Saykham, HYAKUMURA Kimihiko、”Challenges and Opportunity of the Local Community Involvement in Forest Carbon Measurement and Monitoring toward REDD+: Some experienced from Community Carbon Accounting Action Research Project in Sangthong District, Vientiane, Lao PDR”、The 23rd Annual Meeting of the Japan Society of Tropical Ecology(九州大学)、2013年6月
  35. Kazi Kamrul ISLAM, Takahiro FUJIWARA, Kimihiko HYAKUMURA, Noriko SATO、”Economic contribution of social forestry programs towards livelihoods improvement of Sal forests dependent people in Bangladesh”、The 23rd Annual Meeting of the Japan Society of Tropical Ecology(九州大学)、2013年6月
  36. EHARA Makoto, HYAKUMURA Kimihiko, YOKOTA Yasuhiro、”Analysis of REDD+ safeguard initiatives for biodiversity and ecosystem services: Options for optimal use of their standards/systems in national approaches”、第124回日本森林学会大会(岩手大学)、2013年3月
  37. BOUTTAVONG Saykham, CHANTHAVONG Houngphet ,HYAKUMURA Kimihiko、”Participatory of the Rural Community on Forest Resources Management: A case study of Nadii Village, Neighboring the Namkading National Protected Area, Viengthong District, Bolikhamxay Province, Laos”、第124回日本森林学会大会(岩手大学)、2013年3月
  38. 馬虹蘊・百村帝彦・佐藤宣子、「中国雲南省シーサンパンナ州における天然ゴム林の生産実態」、林業経済学会2012年秋季大会(東京農業大学)、2012年11月
  39. 百村帝彦 ・矢ヶ崎朋樹・SIBOUNMA Veophet・林寿則・THAMMAVONGSA Lattana・ INTHAPATHA Syphavanh・LATTANAVONGKOT Bounchanh、「ビエンチャン市街地の「鎮守の森」の利用とその変遷 -予察―」、第22回日本熱帯生態学会年次大会(横浜国立大学)、2012年6月
  40. 矢ヶ崎朋樹・Veophet SIBOUNMA・Lattana THAMMAVONGSA・Syphavanh INTHAPATHA・ Bounchanh LATTANAVONGKOT・林寿則・百村帝彦、「ビエンチャン特別市内「鎮守の森」における村落住民の在来知と植物利用」、第22回日本熱帯生態学会年次大会(横浜国立大学)、2012年6月
  41. 百村帝彦・横田 康裕・江原誠、「カンボジアにおけるREDD+実証活動の動向 -地域住民の権利の位置づけ-」、第123回日本森林学会大会(宇都宮大学)、2012年3月
  42. 横田康裕・百村帝彦・江原誠、「REDD+における社会的セーフガード」、第123回日本森林学会大会(宇都宮大学)、2012年3月
  43. Yagasaki, T., Lattanavongkot, B., Hyakumura, K., Hayashi, H., Takei, Y., Matsumoto, J., Ishiyama, R., Yamamoto, M., Hatanaka, M., Kato, M., Sakata, M., Hinooka, K., Nakata, M., ”Evaluation of ecosystem services based on collaborative phytosociological surveys with local inhabitants”、日本生態学会第59回大会(龍谷大学)、2012年3月
  44. 百村帝彦・横田康裕、「REDD+におけるセーフガードの論点 -実証活動での地域住民の権利の予備的考察-」、林業経済学会2011年秋季大会(信州大学)、2011年11月13日
  45. 相楽美穂・百村帝彦・スケーブンス ヘンリー・イバラ ジェネ エンリケ、「REDD+におけるディスプレイスメント及び地域コミュニティの関与」、林業経済学会2011年秋季大会(信州大学)、2011年11月13日
  46. 馬虹蘊・百村帝彦・佐藤宣子、「中国のASEANゴム投資と輸入の展開~統計分析を中心に~」、第67回日本森林学会九州支部大会(鹿児島大学)、2011年10月29日
  47. 百村帝彦、「REDD+の制度・政策」、第122回日本森林学会大会(静岡大学)、2011年3月
  48. 矢ヶ崎朋樹・百村帝彦 ・ラタナボンゴ ブンチャン、「ラオス村落住民における植物利用の知恵とそれに基づくチーク植林の資源ポテンシャル評価」、日本生態学会第58回全国大会(札幌コンベンションセンター)、2011年3月
  49. 百村帝彦、「REDD+の資金メカニズム -既存・提案されている資金メカニズムの動向整理-」、環境経済・政策学会2010年大会(名古屋大学)、2010年9月11日
  50. 百村帝彦、「REDD実施における期待と不安」、公開シンポジウム『途上国における森林減少・劣化に由来する温室効果ガスの排出削減(REDD)と熱帯生態学』日本熱帯生態学会主催(広島大学)、2010年6月20日
  51. 百村帝彦、「コミュニティフォレストリー設置経緯とREDD事業へのインプリケーション - カンボジア・オッドーミエンチェイ州の事例 -」、第20回日本熱帯生態学会大会(広島大学)、2010年6月19日
  52. 矢ヶ崎朋樹・百村帝彦・LATTANAVONGKOT Bounchanh、「ラオスにおける村落住民協働による植生調査の実践 -生物多様性をめぐる知恵・技術の実態把握に向けて-」、日本環境教育学会第21回大会(沖縄県男女共同参画センター)、2010年5月22日
  53. 百村帝彦、「ラオスにおける森林減少・劣化の要因 ―焼畑地域における森林関連政策・プログラムのコ・ベネフィットの評価―」、第121回日本森林学会大会(筑波大学)、2010年4月4日
  54. 百村帝彦、「カンボジアにおけるREDDパイロットプロジェクトにおけるコ・ベネフィットの実効性の検討」、第23回環境研究発表会(日本大学会館)、2009年11月30日
  55. 横田康裕・マニボン カンパイ・フォンゴウドメ チャンサモン・百村帝彦・井上真、「ラオスにおける森林減少・劣化要因」、第61回日本森林学会関東支部大会(国立女性教育会館)、2009年10月23日
  56. 横田康裕・百村帝彦・宮本基杖・井上真、「カンボジアにおける森林減少要因」、2009年林業経済学会(東京農業大学オホーツクキャンパス)、2009年9月27日
  57. 百村帝彦・西宮洋、「REDDと生態系サービス REDDパイロットプロジェクトにおけるコ・ベネフィットの検討」、環境経済政策学会2009年大会(千葉大学)、2009年9月26日
  58. 百村帝彦、「ラオスにおける森林資源の可視化のプロセス」、第19回日本熱帯生態学会大会(大阪市立大学理学部)、2009年6月20日
  59. 百村帝彦、「カンボジアにおけるREDDパイロットプロジェクトの現状と課題 -コミュニテイ林業によるカーボン・オフセットプロジェクトの事例―」、日本熱帯農業学会第105回講演会(日本大学生物資源科学部)、2009年3月27日
  60. 百村帝彦、「ラオスにおける造林形態ごとの植林動向の実態」、第119回日本森林学会大会(東京農工大学)、2008年3月27日
  61. HYAKUMURA Kimihiko、”The “slippage” implementation of forest policies by local officials: A Case Study of the Protected Areas of Savannakhet Province in Lao P.D.R”、First International Conference on Laos Studies(アメリカ合衆国・北イリノイ州立大学)、2005年5月20日
  62. 百村帝彦、「地域住民による土地・森林および森林産物利用の実態-ラオス・サワンナケート県の事例-」、第14回日本熱帯生態学会大会(愛媛大学)、2004年6月12日
  63. HYAKUMURA Kimihiko, INOUE Makoto, MORIMOTO Takashi, ISHIKAWA Miyuki、”Participatory Action Research as a Tool for Collaboration among Local Stakeholders and Scientists (3) -Lessons from Laos”、第115回日本林学会大会(東京大学)、2004年4月2日
  64. INOUE Makoto, MARTINUS Nanang, HYAKUMURA Kimihiko, HARADA Kazuhiro、”Participatory Action Research as a tool for collaboration among local stakeholders and scientists (1) -Concept and problems –“、第115回日本林学会大会(東京大学)、2004年4月2日
  65. MARTINUS Nanang, HYAKUMURA Kimihiko, HARADA Kazuhiro, INOUE Makoto、”Participation on the Ground: Some Case Studies on the Forest Policy Implementation in Indonesia and Laos”、 International Workshop of BIO-REFOR, Yogyakarta, Indonesia December 15-18,2003(インドネシア・ジョグジャカルタ)、2003年
  66. MARTINUS Nanang, HYAKUMURA Kimihiko, HARADA Kazuhiro, INOUE Makoto、”Forest Policy and Community Participation: Cases from Indonesia and Laos”、2003年林業経済学会秋季大会(東京農工大学)、2003年
  67. 森本隆司・百村帝彦・井上真、「焼畑抑止政策化での村人の生計戦略 -ラオス北部ウドムサイ県パクベン郡を事例としてー」、2003年林業経済学会秋季大会(東京農工大学)、2003年
  68. 増野高司・百村帝彦・阿部健一、「ラオスにおける森林研究 -文献調査の結果と今後の課題―」、第114回日本林学会大会(岩手大学)、2003年
  69. 百村帝彦、「土地・森林分配事業の現状と課題 -ラオス・サワンナケート県における事例―」、第113回日本林学会大会(新潟大学農学部)、2002年
  70. 百村帝彦、「ラオスの森林保全政策における地域住民の対応 ~生物多様性保全地域の事例~」、第111回日本林学会大会(日本大学生物資源科学部)、2000年
  71. INOUE Makoto, CHANTHIRATH Khampha, HYAKUMURA Kimihiko, IOKI Atsushi,  NAMURA Takayuki、”Toward Institutionalization of Various Participatory Forest Management Systems in Lao P.D.R”、IUFRO Inter-Divisional Seoul Conference(韓国・ソウル国立大学)、1998年

PAGE TOP >>

招致講演・ワークショップ発表等

  1. 百村帝彦、地域住民のニーズに配慮したREDD+制度、『REDD+推進に向けて:官民投資の連携』、森林総合研究所(イイノホール)、2017年2月2日
  2. EHARA Makoto, HYAKUMURA Kimihiko, NOMURA Hisako, MATSUURA Toshiya, SOKH Heng, LENG Chivin, Identifying characteristics of households affected by deforestation in their fuelwood and non-timber forest product collections: Case study in Kampong Thom Province, Cambodia,Toward the Realization of Sustainable Forest Management ~Lessons from Tropical Forests in Cambodia and Myanmar~, Decision Science Center, Kyushu University (九州大学稲盛財団記念館)、2015年11月4日
  3. 百村帝彦、Veal Vaeng郡の丘陵地・山地での土地利用の変遷、『変容するコネクティビティと生業からみたカンボジア農村における生存基盤に関する研究』第一回打合せ、京都大学東南アジア研究所、2015年7月
  4. HYAKUMURA Kimihiko,REDD-plus and sustainable forestry in Cambodia,  "First International Symposium on the Decision Science for a Sustainable Society", Kyushu University Graduate Education and Research Training Program in Decision Science for Sustainable Society(Hotel Okura, Fukuoka, Japan)2014年3月
  5. 百村帝彦、REDD+の概要とその動向 『地球研IS「「自然の証券化」を理解する―歴史・メカニズム・自然と社会へのインパクト」第2回研究会』、総合地球環境学研究所(総合地球環境学研究所)、2013年12月.
  6. HYAKUMURA Kimihiko, Land and forest use right for social safeguard of REDD+  International Conference 2013 "REDD+ Safeguards Fundamental; not an add-on",地球環境戦略研究機関(国際文化会館)2013年12月
  7. HYAKUMURA Kimihiko, Land and forest use right for social safeguard of REDD+  - Case study in Cambodia -, REDDプラス環境・社会セーフガードに関する国際ワークショップ ~ 科学的アプローチに基づく情報提供システム確立の可能性と挑戦 ~、 森林保全セーフガード確立事業コンソーシアム(海運クラブホール)2013年10月
  8. 百村帝彦、「REDD/REDD+導入の経緯・進捗状況と現場の実態」、総合地球環境学研究所IS「「自然の証券化」を理解する―歴史・メカニズム・自然と社会へのインパクト」第1回研究会「REDD/REDD+の事例からみた自然の「証券化」」、総合地球環境学研究所(九州大学)、2013年7月
  9. 百村帝彦、「カンボジアにおける森林資源管理の変容 -森林資源の領域化・コミュニティ林業によるアクター間の相克-」、『第7回日本カンボジア研究会』、日本カンボジア研究会(京都大学)、2013年6月
  10. HYAKUMURA Kimihiko, “Safeguard issue on climate change and tropical forest management” International Symposium on Southeast Asian Tropical Rain Forest Research related with Climate Change and Biodiversity, Hiroshima University and National Institute for Environmental Studies  (Campus Innovation Center, Tokyo)2012年9月
  11. 百村帝彦、「REDD+実証活動におけるセーフガード」、シンポジウム『UN-REDDプログラム及びJICAの森林保全と社会配慮・ジェンダーに関する取り組み』,UNDP/JICA(JICA研究所)、2011年12月
  12. 百村帝彦、「REDD+実施におけるセーフガードの留意点 -REDD+プロジェクトの課題と展望-」、『実践から学ぶREDDプラス―国際交渉・現場と研究開発をつなぐ―』、森林総合研究所(UDXカンファレンス)、2011年10月
  13. HYAKUMURA Kimihiko、”Opportunities and Risks of REDD-plus and REDD-plus progress in Laos"、International Symposium on Rethinking Ecosystem Services in the Context of Montane Region in Mainland Southeast Asia, National Agriculture and Forestry Research Institute (NAFRI), Lao PDR, Research Institute for Humanity and Nature (RIHN),Center for Southeast Asian Studies of Kyoto University, Nagoya University Global COE Program, National Agriculture and Forestry Research Institute (NAFRI), (NAFRI, Vientiane, Lao PDR)、2011年6月
  14. 百村帝彦、温室効果ガス25%削減目標に向けてREDDプラスの活用-日本から制度設計の発信-、日本気候政策センター(航空会館)、2011年4月
  15. HYAKUMURA Kimihiko “Forest management towards participatory way” Summer training course on Development within a low carbon world: Participatory Approaches in Planning and Implementing Climate Change Policies, 広島大学・ボゴール農科大学 (インドネシア・ボゴール農科大学)、2010年8月6日
  16. 百村帝彦、「法的・自主的措置と消費者の意識向上の相乗効果 -熱帯林産物の持続可能な生産と消費に向けて」、セッション『アジア太平洋における持続可能な消費と生産の実現に向けた新たな指針- 持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラム(ISAP2010)』、地球環境戦略研究機関(パシフィコ横浜)、2010年7月13日
  17. 百村帝彦、「カンボジアにおけるREDDプロジェクトの現状と課題」、『REDD(途上国の森林減少・劣化に由来する排出の削減)の動向・方法論とREDDプロジェクト形成の留意事項』、国際協力機構(国際協力機構本部)、2010年7月
  18. 百村帝彦、「REDD実施における期待と不安」、公開シンポジウム『途上国における森林減少・劣化に由来する温室効果ガスの排出削減(REDD)と熱帯生態学』第20回日本熱帯生態学会年次大会実行委員会(広島大学学士会館)、2010年6月20日
  19. 百村帝彦、「コメント」、『いのち輝くメコンの流れ(3)~ラオスの森と人々のくらし』、(自然環境情報ひろば丸の内さえずり館)、2010年6月10日
  20. HYAKUMURA Kimihiko、”Visualization of forest resources in Laos”、Understanding the Contemporary Environmental Matters in Mainland Southeast Asia, Nagoya University Global COE International Workshop名古屋大学GCOE「地球学から基礎・臨床環境学への展開」(名古屋大学)、2009年12月5日
  21. OGIHARA Akira, HYAKUMURA Kimihiko, SCHEYVENS Henry、”REDD Researches on Asia- Pacific Region”、4th Semi-Annual Meeting & Technical Workshop, Greater Mekong Subregion, Asia Development Bank(タイ・バンコク)、2009年11月26日
  22. 百村帝彦、「REDDプロジェクトにおけるコ・ベネフィットの検討」、研究プロジェクト『水産業における資源管理制度に関する経済分析』、経済産業研究所(経済産業研究所)、2009年10月23日
  23. 百村帝彦、「森と人との乖離 ~ラオスの森林の社会的側面」、連続セミナー『人々の生物多様性』第1回:ラオスの森林と開発、そして生物多様性、メコンウォッチ・地球人間環境フォーラム・FoE Japan(環境パートナーシップオフィス)、2009年9月8日
  24. 百村帝彦、「REDDに関する研究の動向」、『途上国にお行ける吸収源活動に関する情報交換会』環境省(経済産業省別館)、2009年9月3日
  25. ALIADI Arif, IBARRA GENE Enrique, HYAKUMURA Kimihiko、”Local community perspectives on REDD: Observations from Indonesia and Cambodia”、The 8th Meeting of Asia Forest Partnership and AFP Dialogue REDD and Combating Illegal LoggingBali, Indonesia2009年5月
  26. 百村帝彦、「温暖化と森林」、『私も一言!夕方ニュース』-今週はここに注目-NHK(NHKラジオ第一放送)、2009年4月21日
  27. HYAKUMURA Kimihiko、”Land use change caused by plantation program in Laos”、『ラオスの自然と生業のダイナミクス』研究会(京都大学)、2008年7月20日
  28. 百村帝彦、「REDD導入による村落共同体への影響」、G8環境大臣会合に向けた国際市民フォーラム『バイオ燃料・森林減少防止は気候変動対策となるか?』FoE Japan・地球人間環境フォーラム・バイオマス産業社会ネットワーク(JICA地球ひろば)、2008年5月22日
  29. 百村帝彦、「アジアの植林事業と土地利用が抱える課題」、『インドシナ半島最後の森林フロンティア ラオスの開発、暮らし、その変化』日本国際ボランティアセンター(文京シビックセンター)、2008年5月14日
  30. 百村帝彦、「アジアの森林を守る」、『NHKラジオ夕刊』-編集長のここに注目-、NHK(NHKラジオ第一放送)、2008年2月14日
  31. SCHEYVENS Henry, HARADA Kazuhiro, HYAKUMURA Kimihiko、”Incorporating Certification into a Pro-poor Forestry Agenda: Lessons from and Options for the Asia–Pacific Region”、RECOFTC-RRI Conference on Poverty Reduction and Forests Opens in BangkokBangkok. Thailand(タイ・バンコク)、2007年9月
  32. LOPEZ-CASERO Federico, SCHEYVENS Henry, HYAKUMURA Kimihiko、”The Reform of Public Timber Procurement in Japan”、Illegal Logging Update and Stakeholder Consultation、(イギリス・英国王立国際問題研究所)、2006年7月20日
  33. 百村帝彦、「ラオスの地域住民による里山管理」、『第2回いしかわラウンドテーブル・セミナー』、いしかわ国際協力研究機構・国連大学高等研究所(金沢大学)、2005年10月9日
  34. HYAKUMURA Kimihiko、”Participatory Forest Management in Lao P.D.R.-Case study on Conservation Forest”、22ndWorld Bank Institute-FASID Joint Seminar, World Bank Institute and FASID(インドネシア・ボゴール)、2001年3月28日
  35. HYAKUMURA Kimihiko、”External Constrains on Participation of Local People in Lao P.D.R”、3rd IGES International Workshop on Forest Conservation Strategies for the Asia and Pacific Regions, IGES(東京大学)、1999年10月
  36. INOUE Makoto, CHANTHIRATH Khampha, HYAKUMURA Kimihiko, NAMURA Takayuki、”Appraisal of Land Use Classification Policy for Promoting Participatory Forest Management in Lao P.D.R”、2nd IGES Forest Conservation Project for the Asia and Pacific Regions, IGES(シンガポール・シンガポール国立大学)、1998年

PAGE TOP >>

研修・勉強会講師等

  1. HYAKUMURA Kimihiko、"Sustainable forest management in Southeast Asia -Observation of local energy utilization –" The 2nd Follow-up Seminar for JDS Graduates from the MS program, Kyushu University JDS Program, (Lao Plaza Hotel, Vientiane, Laos). 2015年12月
  2. HYAKUMURA Kimihiko ,"Movement of REDD+ in terms of local participation and case study" ;Exercise on "How implement REDD+ project from the view point of several stakeholders" 、JICA課題別研修「持続的森林管理及びREDD+に向けた国家森林モニタリングシステム整備のための人材育成」講師、国際緑化推進センター(JICA 東京)、2015年6月
  3. 百村帝彦、社会セーフガードとその評価、『REDDプラス・セーフガードに関する技術者・実務者育成講習』講師、森林保全セーフガード確立事 業コンソーシアム(日本森林技術協会会館)、2015年1月
  4. HYAKUMURA Kimihiko ,"Movement of REDD+ in terms of local participation and case study" ;Exercise on "How implement REDD+ project from the view point of several stakeholders" 、JICA課題別研修「持続的森林管理及びREDD+に向けた国家森林モニタリングシステム整備のための人材育成」講師、国際緑化推進センター(JICA東京)、2014年6月
  5. 百村帝彦、社会セーフガードとその評価、『REDDプラス・セーフガードに関する技術者・実務者育成講習』講師、森林保全セーフガード確立事業コンソーシアム(日本森林技術協会会館)、2014年1月
  6. HYAKUMURA Kimihiko ,"Movement of REDD+ in terms of local participation"、平成25年度国別研修「(マラウイ)住民参加型森林管理計画」講師、JICA(JICA東京)、2013年7月
  7. 百村帝彦、「REDD+への住民参加:現状と課題」、『JICA/JSPSペルー調査のための事前打合せ勉強会』講師、総合地球環境学研究所(総合地球環境学研究所)、2013年7月
  8. HYAKUMURA Kimihiko ,"Movement of REDD+ in terms of local participation and case study" ;Exercise on "How implement REDD+ project from the view point of several stakeholders" 、JICA課題別研修「国家森林モニタリングシステム整備のための人材育成」講師、国際緑化推進センター(JICA東京)、2013年5月
  9. 百村帝彦、「アジアの参加型森林管理」、『コミュニティ・フォレストリー勉強会』講師、国際協力機構(国際協力機構本部)2013年2月
  10. 百村帝彦、"Movement of REDD+ in terms of local participation and case study" Exercise how implement REDD+ project from the view point of several stakeholders、JICA課題別研修「国家森林モニタリングシステム整備のための人材育成」講師、国際緑化推進センター(JICA東京)、2012年5月
  11. 百村帝彦、"REDD-plus in Laos - Opportunity and challenges –" Follow-up Seminar for JDS Graduates from the MS program, Kyushu University JDS Program, (Lao Plaza Hotel, Vientiane, Laos). 2012年2月
  12. 百村帝彦、『UNDP/ JICA連携研修 森林保全(REDD+)とジェンダー』リソースパーソン、UNDP/JICA (JICA研究所)、2011年12月
  13. 百村帝彦、"Recent movement of REDD+ and case study" ; Exercise how implement REDD+ from the view point of several stakeholders, JICA課題別研修「国家森林モニタリングシステム整備のための人材育成」講師、国際緑化推進センター(JICA東京)、2011年9月
  14. 百村帝彦、「カンボジアにおけるREDDプロジェクトの現状と課題」、『REDD(途上国の森林減少・劣化に由来する排出の削減)の動向・方法論とREDDプロジェクト形成の留意事項』講師、国際協力機構(国際協力機構本部)、2010年7月
  15. 百村帝彦、「アジア、アフリカ荒廃地における植生回復」講師、地球環境戦略研究機関国際生態学研究センター(JICA横浜)、2008年12月
  16. 百村帝彦、国際協力機構研修「アジア、アフリカ荒廃地における植生回復」講師、地球環境戦略研究機関国際生態学研究センター(JICA横浜)、2007年12月
  17. 百村帝彦、「かながわの高校生公益活動リーダー塾」講師(地球環境戦略研究機関)、2006年8月
  18. 百村帝彦、発展途上国の森林保全の課題、「地球環境保全研修」講師、環境省(環境省環境研修センター)、2001年9月
  19. 百村帝彦、国際協力事業団派遣前研修 講師、国際協力事業団(国際協力総合研修所)、1998年9月

PAGE TOP >>

大学院生等の受賞

  1. 袁テイテイ
    2016年度林業経済学会学生論文賞
    集団所有林における異なる森林政策による農家への影響と課題―中国・湖南省隆回県雨山鎮における事例研究―
  2. 江原誠
    2015年度林業経済学会学生論文賞
    森林減少・劣化の影響を受けやすい住民の特徴の6村間比較―カンボジアでの 薪炭材・非木材林産物採取の事例―
  3. 江原誠
    平成27年度日本森林学会学生奨励賞
    REDD+ initiatives for safeguarding biodiversity and ecosystem services: harmonizing sets of standards for national application
  4. 江原誠
    第126回日本森林学会大会・学生ポスター賞(平成26年度)
    薪炭材と非木材林産物を採取する住民への熱帯林減少の影響分析:カンボジア・コンポントム州の事例

外部資金獲得

競争的資金

  1. 早稲田大学 環境総合研究センター W-BRIDGEプロジェクト「クリーンウッド法の実効性向上に向けたフェアウッド調達の普及啓発」研究代表者、2017年度~2018年度
  2. 科学研究費補助金 基盤研究(C)「日本の違法伐採対策の実効性と必要とされる対応策の検討」研究代表者、2017年度~2019年度
  3. 住友財団 環境研究助成「熱帯アジア保護林における先住民の土地所有権の選択戦略と森林保全の相互関係の解明」研究代表者、2016年度~2017年度
  4. 早稲田大学 環境総合研究センター W-BRIDGEプロジェクト「「フェアウッド」の普及を通した違法伐採対策への意識向上の促進」研究代表者、2016年度~2017年度
  5. 科学研究費補助金 基盤研究(B)「ラオス・サイニャブリ県における換金作物の栽培持続性評価」 研究分担者(研究代表者:本間香貴) 2016年度~2018年度
  6. 科学研究費補助金 基盤研究(B)「自然を「資本化」する基盤の構築過程:東南アジアの事例から」研究分担者(研究代表者:生方史数)2015年度~2018年度
  7. 科学研究費補助金 基盤研究(B)「変容するコネクティビティと生業からみたカンボジア農村社会の生存基盤に関する研究」研究分担者(研究代表者:小林知)2015年度~2017年度
  8. 科学研究費補助金 基盤研究(C)「森林管理の関与度合いによる地域住民の権利 ラオスでの社会関係資本を通した実態解明」研究代表者、2012年度~2015年度
  9. 住友財団 環境研究助成「REDDプラス実証活動による地域住民の生計・森林利用権確保の可能性の検討」研究代表者、2012年度~2014年度
  10. 環境省「平成22年度京都メカニズムを利用した公害対策と温暖化対策のコベネフィットの実現等に関する途上国等人材育成事業 -REDD+のキャパシティビルディング構築に関する事業-」事業分担者 2010年度
  11. 地球環境研究総合推進費「森林減少の回避による排出削減量推定の実行可能性に関する研究」研究協力者(研究代表者:松本光朗)2009年度~2010年度
  12. 環境省 環境経済の政策研究「経済的価値の内部化による生態系サービスの持続的利用を目指した政策オプションの研究」研究分担者(研究代表者:馬奈木俊介)2009年度~2010年度
  13. 科学研究費補助金 基盤研究(A)「地域特性に配慮した森林「協治」の構築条件」連携研究者(研究代表者:井上真)2007年度~2010年度
  14. 科学研究費補助金 萌芽研究「ラオスの森林管理における社会関係資本の相互作用の解明」研究代表者、2004年度~2006年度
  15. 住友財団 環境研究助成「ラオスの土地森林分配政策が森林資源や地域住民に与える影響とその課題」共同研究者(研究代表者:井上真)2002年度~2002年度
  16. 科学研究費補助金 基盤研究(B)「参加型森林管理のポリティカルエコロジー」研究分担者(研究代表者:井上真)2000年度~2002年度
  17. 国際開発高等教育機構 研究フェロープログラム(短期)「ラオスにおける国家生物多様性保全地域での住民参加型森林管理に関する研究」研究代表者 2000年度

PAGE TOP >>

共同研究・受託研究等

  1. 共同研究「REDDプラスに係る政策論・方法論等に関する研究調査支援業務、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社、研究代表者、 2014年10月~2015年2月
  2. 共同研究「REDDプラスに係る政策論・方法論等に関する研究調査支援業務」三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社、研究代表者、2013年9月~2014年3月
  3. 共同研究「REDDプラスに係る政策論・方法論等に関する研究調査支援業務」、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社、研究代表者、2012年8月~2013年3月
  4. 共同研究「REDDプラスに係る政策論・方法論等に関する研究調査支援業務」、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社、研究代表者、2011年8月~2012年3月
  5. 受託研究「平成21年度京都メカニズムを利用した公害対策と温暖化対策のコベネフィットの実現等に関する途上国等人材育成事業 ―REDD+のキャパシティビルディング構築に関する事業-」、環境省、事業分担者、2009年9月~2010年3月
  6. 受託研究「平成18年度違法伐採総合対策事業 「主要木材輸出国森林伐採関連法制度調査事業」」(社)全国木材組合連合会、事業分担者、2006年7月~2007年3月

PAGE TOP >>

海外渡航歴(2011年4月以降)

2017年

  • ラオス国立大学とのMOU締結:ビエンチャン(ラオス) 2017年3月
  • 土地・森林資源利用の歴史的変遷:ポーサット州(カンボジア)2017年2-3月
  • ラオス・タイでの昆虫食の実態調査:ラオス北部およびタイ東北部(ラオス・タイ)2017年2月
  • JDS面接:ヤンゴン(ミャンマー)2017年1月
  • REDD+の進捗に関する調査:ネピドー(ミャンマー) 2017年1月

2016年

  • NamKadin保護地域での植生調査及び森林資源利用調査:ボリカムサイ県(ラオス)2016年12月
  • ラオス国立大学との研究協力についての議論:ビエンチャン(ラオス)2016年11-12月
  • 中国・海南島の自然保護区管理に関する研究(中国)2016年9月
  • ポーサット州の土地利用変化の調査:ポーサット州ヴィアルベーン郡(カンボジア)2016年3月
  • コミュニティ林業サイトでの調査:シエムリアップ州・オッダーミエンチェイ州(カンボジア)2016年2月
  • ポーサット州の水田地域での調査:ポーサット州(カンボジア)2016年2月
  • REDDプラスに関する研究:ビエンチャン(ラオス)2016年1月

2015年

  • REDDプラスに関する研究およびJDSフォローアップワークショップ:ビエンチャン(ラオス)2015年12月
  • 有機農業に関する研究及び留学フェア(Study in Japan Fair):ビエンチャン特別市(ラオス)2015年10月
  • ポーサット州カンボジア王立農大実習:ポーサット州(カンボジア)2015年9月
  • 決断科学大学院プログラム海外研修(昆虫食):ビエンチャン特別市、ビエンチャン県バンビエン郡(ラオス) 2015年8-9月
  • フューチャーアースにおけるステークホルダー会合:カンボジア森林局、コンポンチュナン州(カンボジア) 2015年7月
  • 中国の集団林権改革に関する研究:湖南省隆回県雨山鎮の村落(中国)2015年7月
  • RAFT3 研究者会合:バンコク(タイ) 2015年6-7月
  • 中国の自然保護区の森林管理に関す研究:鉄山寺自然保護区、江蘇省(中国)2015年3月
  • 参加型炭素計測に関する研究:ビエンチャン県サントン郡・ラオス国立大学・森林局(ラオス)2015年3月
  • ワークショップ発表および植林サイトの視察:ボゴール、リアウ州(インドネシア)2015年3月
  • 有機農業に関する研究:ビエンチャン特別市、農林省農業局(ラオス)2015年2月
  • 大学院プログラム海外研修及びセイマ保護林調査:モンドルキリ州(カンボジア)2015年2月
  • セイマ保護林調査:森林局・WCSカンボジア・モンドルキリ州(カンボジア)2015年1月

2014年

  • 国際ワークショップ参加:ミャンマー森林局、ネピドー(ミャンマー)2014年12月
  • REDD+に関する研究:モンドルキリ州、オッダーミエンチェイ州(カンボジア)2014年11月
  • 大学院プログラム海外研修:ボゴー国立公園(カンボジア)2014.年9月
  • コミュニティ林業サイト調査:オッダーミエンチェイ州、カンボジア森林局(カンボジア)2014年9月
  • 参加型炭素計測手法に関する研究:ビエンチャン県サントン郡(ラオス)2014年8月
  • 地域住民による森林資源利用に関する研究:オッダーミエンチェイ州(カンボジア)2014年5月
  • ミャンマーのコミュニティ林業に関する研究:タウンジー県ニャウンシェ郡(ミャンマー)2014年3月
  • 大学院プログラム海外研修:中央カルダモン保護林・UNDPカンボジア・JICAカンボジア事務所(カンボジア)2014年3月
  • 土地森林資源管理に関する研究:ビエンチャン県サントン郡(ラオス)2014年2月
  • 参加型炭素計測手法に関する研究:ビエンチャン県サントン郡・ラオス国立大学林学部(ラオス)2014年1月
  • REDDプラスに関する研究:森林局・WCSカンボジア・PACTカンボジア(カンボジア)2014年1月

PAGE TOP >>

2013年

  • 地域住民による森林資源利用に関する研究:オッダーミエンチェイ州(カンボジア)2013年11月~2013年12月
  • ミャンマーのコミュニティ林業に関する研究:タウンジー県ニャウンシェ郡(ミャンマー)2013年9月
  • ポーサットにおける歴史的土地利用変化・コンポントム州森林調査(カンボジア)2013年8月~2013年9月
  • 参加型炭素計測手法に関する研究:ビエンチャン県サントン郡・ラオス国立大学林学部(ラオス)2013年5月
  • REDDプラスに関する研究:森林局(カンボジア)2013年3月
  • ポーサット研究:ポーサット州(カンボジア)2013年2月
  • 参加型炭素計測手法に関する研究:JICA-PAREDDプロジェクト・ビエンチャン県サントン郡(ラオス)2013年1月

PAGE TOP >>

2012年

  • REDDプラスに関する研究:オッダーミエンチェイ州・森林局(カンボジア)2012年12月
  • 国際協力機構(JICA)調査団:タイバック大学(ベトナム)2012年12月
  • 森林資源管理に関する研究:サワンナケート県SUFORDプロジェクトサイト・林野局・ラオス国立大学(ラオス)2012年11月
  • 参加型炭素計測手法に関する研究:ラオス国立大学林学部・林野局(ラオス)2012年9月
  • 参加型炭素計測手法に関する研究:ラオス国立大学林学部・林野局(ラオス)2012年7月
  • REDDプラスに関する研究:森林局・オッダーミエンチェイ州(カンボジア)2012年6月~2012年7月
  • 森林資源管理に関する研究:サワンナケート県JVCプロジェクトサイト・JICA PAREDDプロジェクトサイト・ルアンナムター県(ラオス)2012年2月~2012年3月
  • JDSフォローアップワークショップ:ビエンチャン(ラオス)2012年2月
  • REDDプラスに関する研究:中央カルダモン保護林(カンボジア)2012年1月~2012年2月

PAGE TOP >>

2011年

  • 参加型炭素計測手法に関する研究:ラオス国立大学林学部・ビエンチャン県サントン郡(ラオス)2011年12月
  • REDDプラスに関する研究:中央カルダモン保護林(カンボジア)2011年11月
  • 国際協力機構(JICA)短期派遣専門家:タイバック大学(ベトナム)2011年9月
  • 名古屋大学GCOEワークショップ発表:ラオス農林業研究所、ラオス国立大学林学部(ラオス)2011年6月

PAGE TOP >>


〒812-8581 福岡県福岡市東区箱崎6-10-1
九州大学 熱帯農学研究センター
 百村帝彦
TEL/FAX:092-642-3074 事務室TEL:092-642-3076
:hyaku(at)agr.kyushu-u.ac.jp